支付宝が「エコ口座」を開始。徒歩での移動距離やオンライン支払回数に応じてCO2削減量を計算し、植林活動を行う。
テンセントが時価総額でアリババを上回る。堅調な四半期決算発表を受けて株価が上昇、中国IT企業で時価総額が最大に。
深夜にひっそりと始まる「淘宝2階」とは?斬新なプロモーションでサワラ水餃子の販売量が150倍に。
アリババによるNetflix買収の噂が市場を駆け巡る。巨大な中国コンテンツ市場を制するために楽視に対抗か?
滴滴出行がライバル関係にあったUber中国の買収を発表。中国のネット配車サービスは事実上、滴滴出行の独占状態に。
中国のブロードバンドは「10メガ時代」へ。上海が平均ダウンロード速度13.21Mbpsで全国首位を堅持。
8月8日は微信支付が提唱する「NO現金デー」。今年はKFC、ウォルマート、セブンイレブンなど、昨年の8倍以上となる約70万店が参加。
Uber中国の相乗りサービスが提供開始から1年経過。サービス提供中15都市のうち、5都市で黒字化、半数の都市で赤字を解消。
テンセントとフォックスコン共同出資のEVメーカーFuture Mobilityは2020年までに自動運転車を販売開始すると発表。
支付宝がドローンによる農薬散布サービスを開始。農民向けの市場にもモバイル決済が浸透。
アリババが故宮博物館と提携合意。阿里旅行で故宮入場券が、天猫で皇室用品が買えるように。
テンセントが2016年5月の人気アプリTOP10を発表。動画ライブ配信などのユーザー生成コンテンツが人気。
テンセント、スマートフォンゲーム開発会社Supercellの買収を来週にも公開の見通し。成功すればテンセントにとってこれまでで最大の買収に。
続きを見る